-スクリーンキャプチャツール-

ClipOutScreen


【ClipOutScreen操作マニュアル】

環境設定
【画面起動】

・ソフトの設定を変更する場合は、タスクアイコンの右クリックメニューの[環境設定]を押下、
または設定用実行ファイル(ClipOutScreenSetting.exe)を直接起動してください。
ClipOutScreen

【保存設定】


[保存先] 画像を保存するフォルダを指定します。
[保存先フォルダ名] 保存先の中に作成されるフォルダ名を設定できます。
%で始まるコマンドを設定するとキャプチャ時の日時でフォルダが作成されます。
(例)「%Y-%m-%d_%H-%M-%S」と設定した場合、
  「2011年1月2日 3時4分5秒」にキャプチャすると
  「2011-01-02_03_04_05」とフォルダを作成します。
※コマンドや使用不可文字についてはコマンド一覧を参照して下さい。
[保存ファイル名] 保存先の中に作成されるファイル名を設定できます。
%で始まるコマンドを設定するとキャプチャ時の日時や通番でファイルが作成されます。
(例)「%Y-%m-%d_%H-%M-%S_%n4」と設定した場合、
  「2011年1月2日 3時4分5秒」にBMPとしてキャプチャ(6番目)すると
  「2011-01-02_03_04_05_0006.bmp」とファイルを作成します。
※コマンドや使用不可文字についてはコマンド一覧を参照して下さい。
[コマンド・使用不可文字] %Y :年(4桁)
%y :年(下2桁)
%m :月(01〜12)
%d :日(01〜31)
%H :時(00〜23)
%I :時(01〜12)
%M :分(00〜59)
%S :秒(00〜59)

%nX :ファイルの通番
   Xは桁数(1〜9)になります。
   ファイルのみ指定可能です。

※以下の文字はファイル名・フォルダ名として使用不可の為、設定できません。
 \ / : * ? " < > |
[保存形式] 画像の保存形式を指定します。(複数指定可)
[静止画から選択] 画面表示を静止させた状態でキャプチャします。
[カーソル保存] キャプチャ画像にカーソルを追加します。
[初期設定に戻す] 設定内容を初期設定に戻します。
[OS起動時に起動する] OS起動と同時にClipOutScreenを起動させます。

【保存サイズ設定】



[画像保存サイズ]
 ┣[通常] 画像のサイズの変更を行わずに保存します。
 ┣[サイズ指定] 画像を指定のサイズに拡大縮小して保存します。
 ┣[長辺を基準にする] 保存する画像の長辺に合わせて、画像の縦横比率を変更せずに保存します。
(例)縦300px横200pxのサイズ指定設定で
  縦300px横400pxの画像を保存する場合、
  横の方が長辺となるため、
  縦150px横200pxとして保存します。
 ┗[比率指定] 画像を指定の比率で拡大縮小して保存します。
面積ではなく縦横それぞれの長さの比率になります。
[メニュー:選択範囲縦横比率固定] 選択モード時の右クリックメニュー[選択範囲縦横比率ズ固定]に表示する比率を設定します。
[追加]ボタンで指定サイズを一覧に追加します。
[削除]ボタンで一覧で選択したサイズを一覧から削除します。
[メニュー:選択範囲サイズ固定] 選択モード時の右クリックメニュー[選択範囲サイズ固定]に表示するサイズを設定します。
[追加]ボタンで指定サイズを一覧に追加します。
[削除]ボタンで一覧で選択したサイズを一覧から削除します。
[メニュー:画像保存サイズ(%)] 選択モード時の右クリックメニュー[画像保存サイズ(%)指定]に表示するサイズを設定します。
[追加]ボタンで指定サイズを一覧に追加します。
[削除]ボタンで一覧で選択したサイズを一覧から削除します。

【キー設定】


[モード切替] 選択モードのON/OFFを切り替えます。
[画像保存フォルダを開く] 画像保存フォルダを開きます。
[設定形式で保存(選択範囲)] 設定した保存形式(初期設定:JPEG)で選択範囲を保存します。
[BMP保存(選択範囲)] BMP形式で選択範囲を保存します。
[JPEG保存(選択範囲)] JPEG形式で選択範囲を保存します。
[GIF保存(選択範囲)] GIF形式で選択範囲を保存します。
[PNG保存(選択範囲)] PNG形式で選択範囲を保存します。
[クリップボード保存(選択範囲)] クリップボード形式で選択範囲を保存します。
[設定形式で保存(全範囲)] 設定した保存形式(初期設定:JPEG)で全範囲を保存します。
[BMP保存(全範囲)] BMP形式で全範囲を保存します。
[JPEG保存(全範囲)] JPEG形式で全範囲を保存します。
[GIF保存(全範囲)] GIF形式で全範囲を保存します。
[PNG保存(全範囲)] PNG形式で全範囲を保存します。
[クリップボード保存(全範囲)] クリップボード形式で全範囲を保存します。

【BMP設定】


[色数] 保存する画像の色数を指定します。
数値が大きい方が画質が良くなります。

【JPEG設定】


[プログレッシブJPEG] プログレッシブJPEG画像として保存します。
設定した画像はダウンロードしながら段階的に画像を表示させます。
[品質] 画像の品質を調整することができます。
数値が大きいと品質が高くなりますが、ファイルサイズが大きくなります。

【GIF設定】


[インタレースGIF] インタレースGIF画像として保存します。
設定した画像はダウンロードしながら段階的に画像を表示させます。
[透過色] 指定した色を透過させます。

【PNG設定】


[インタレースPNG] インタレースPNG画像として保存します。
設定した画像はダウンロードしながら段階的に画像を表示させます。
[透過色] 指定した色を透過させます。

【動作設定】


[画像保存と同時に解除] 画像保存時に選択モードを解除します。
[左ダブルクリックで解除] 選択モード時に左ダブルクリックをすると選択モードを解除します。
[選択範囲内を左ダブルクリックでキャプチャ] 選択範囲内で左ダブルクリックするとキャプチャを行います。
保存される画像形式は[保存設定]タブの[保存形式]になります。
[矢印キーでの移動量] 選択モード時に矢印キーで選択範囲を移動させる量を設定します。
[右クリックメニューから保存時キャプチャ待機時間] 右クリックメニューからキャプチャを行う場合、メニューが消えるまで待機する必要があります。
初期値でもメニューが画像にキャプチャされてしまう場合は時間を増やして試してみてください。
[ログファイル出力] ClipOutScreen.exeと同じフォルダに処理内容のログファイル(ClipOutScreen.log)を作成します。
不具合が発生した際に頂けると解決の糸口になるかもしれません。
ログファイルはClipOutScreen起動時に毎回削除するので、必要な場合は別の場所に手動で退避をお願いします。

【表示設定】


[選択線の太さ] 選択線の太さを設定します。
[選択範囲の色(選択中)] 選択中の選択範囲線の色を指定します。
[選択範囲の色(選択後)] 選択後の選択範囲線の色を指定します。